So-net無料ブログ作成

GARDENS。 [contemporary art]

豊田市美術館で、
"GARDENS-小さな秘密の庭へ-"を見てきました。
http://www.museum.toyota.aichi.jp/japanese/index.html
機会があるごとにいろんな美術館に行っているけど、
豊田市美術館に戻ってくるたび、ほっとした気分になります。
なじみのカフェに行くような感覚かなぁ。
秋晴れの空にリンと建つ美術館は、
何回みても、おーっって感じです。

庭というと、かなり身近なもので、
庭って聞いたときに自分なりの庭のイメージがあるけど、
今回は、10人のアーティストが思い思いの庭を表現していて、
庭のイメージって人によって違うんだなぁっと思っておもしろかったです。

今回はかなりのハイレベルで、(あ、私の独断と偏見だけど)
その中で、気に入ったのが、3つ。

まずは、スウェーデンの4人組デザイナー"FRONT"の作品。
”フラワー・ウォールペーパ”と呼ばれるこの作品は、
ヨーロッパの室内を覆う花模様の壁紙を、
造花をつかって、立体にしたものです。
その、発想もユニークだけど、
白い壁にはりつけられて、色とりどりの造花は、すごくきれい!
同じ"FRONT"の作品で、
美術館の庭にも、造花が咲いていて、天気もよくってすごくきれいでした。
↓こんな感じ。

影響を受けやすい私は、
すっかり造花を見直して、美術館帰りに購入しました。

次に、照屋勇賢さんの作品。
”Notice-Forest 告知-森”。
これは、紙袋が切り絵のようにうまく切られていて、
その中をのぞくと、木(紙袋の一部)が一本立っているという作品で、
もとはといえば、木から作られた紙袋の中に、1本の木があって、
なんだか神秘的です。
↓コレ。

最後に、栗林隆さん。
”ゼーフント・ヒロシマ(アザラシ・ヒロシマ)”。
とにかくかわいい!
動物好きの私とヤンバルくんのツボにかなりはまりました。
真っ白な壁に首をつっこんだアザラシがいて(首がない状態)
おーっと思ったら、そのそばにある、穴のあいた額縁の中に
自分たちが首を突っ込むと、その中は、ジャングルみたいになっていて、
水面から、首をだした、アザラシ君が!
壁のアザラシ君と、ジャングルの中のアザラシ君は、つながってるんだ~。
って感じで、すごくおもしろかったです。

12月末までやってるので、時間のある人は、ぜひ行ってみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。