So-net無料ブログ作成

睡蓮-water lily-その1 [eat out]

ヤンバルくんがめずらしく週末オフだったので、
ちょっと遠出をしました。
まずは倉敷にある睡蓮。
大原美術館へGO!
と、その前に、はらぺこだったのでランチです。
美術館のすぐ裏手にある、プルミエというレストランでランチをしました。
R0010819.jpg
ボリューム満点のお値打ちなランチで、大満足でした。

そして食い気。 [eat out]

金沢といえば、鮨!
いつもは、近江市場の回転鮨で大満足だったんだけど、
(十分おいしいし。)
今回は奮発して、カウンター鮨に挑戦!しました。
店の名は、みつ川。
料理は、目で食べるんだなぁ。
と実感した、1時間弱でした。
もともと、いろんなことをじーっと観察好きな私なんだけど、
カウンター越しのみつ川さんの包丁さばき、
手の動き、すべてから目が離せません。
それに加えて、奥さんとの息もぴったりで、
動きに無駄がないとは、こういうことなんだなぁ。
と感心するばかりでした。
お鮨がでてくる合間といい、バランスといい、
見た目といい、風味といい、
ひのつけどころなし。。。
思い出しても、ため息がでます。
とってもアートなカウンター鮨体験でした。

ほっと一息。 [eat out]

アート散策でくたびれた後は、
ほっと一息です。
私とヤンバルくんが、”はぁっ”となる瞬間。
それは、そば湯を飲んだときです。
そば湯を飲むという家庭環境で育たなかった私は、
すっかりそば湯のことを甘くみてましたが、
最近は、そばよりもむしろ、
その後のそば湯を飲むためにそばを食べているといっても過言ではありません。
(ちょっと言い過ぎ)
とにかく、そば湯を飲んだ瞬間、肩の力が抜けて、
”はぁっ”となって、とてもリラックスした気分になります。
誰かインスタントそば湯とか開発したら、ヒットするんじゃないかなぁ。と思います。

六本木でおそばが食べたくなった時私たちが行くのは、
"HONMURA-AN"です。
洗練された店内の雰囲気がとても素敵です。
↓こんな感じ。
20080503165.jpg

今回も、散策の合間に”はぁっ”としてきました。

honmuran.jpg




珍香楼の塩そば。 [eat out]

豪遊しようと思ってせっかくチェックしていたレストランが、
連休の関係でお休みだったので、
なかばしょうがなく、あまりチェックしていなかった、
珍香楼の塩そばを食べにいきました。
これが意外においしくって大満足。
すごくシンプルな味つけで、
中華なのにあっさりなのがよかった!
(でも、すごいボリューム。)

もやしがいっぱい入っていて、
もやし好きな私にはかなりポイント高かったです。
おすすめです。

↓コレ。

そういえば、晩御飯も宇宙軒(ザ・定食屋)で食べたし、
今回は、結構、粗食旅行だっわ~。


初・青森体験/その1。 [eat out]

今年は、夏休みをとってなくて、
秋になったら旅行に行こうと思っていたら
あっという間に秋で、
あわてて休みをとって、青森に行ってきました。
どうして今、青森???と思われるかもしれないけど、
ヤンバルくんいわく、今、青森がアツイらしい。
半信半疑な私だったけど、行ってみて納得。
フライトの関係で、フリーは1日しかなかったけど、
アートを満喫できました。

1日目は、青森に夜着だったので、
何はともあれ腹ごしらえ!ということで、
“常寿し”に太巻きを食べに行きました。
雑誌の“装苑”で青森特集をしていて、
アートよりも何よりも、一番に目に飛び込んできたのが、
↓コレ。

ヤンバルくんと2人で、
“太巻きはんぶっこ食べて、あとで、おソバ食べに行こうね~。”
って言っていたのに、
もう、食べ終わったころには、満腹で、おソバは断念。
今まで食べた太巻きの中で、一番豪華な太巻きでした。


東京アート散策/その7。 [eat out]

青山周辺をぶらぶらしました。
すごくかわいいものがいっぱいなんだけど、
高級なものばかりでとても手が出なくて、しゅんってなってしまって、
気を持ち直すべく、”ナプレ”に行ってきました。
(青山通りから、スパイラルの角をまがった左手にあります。ちなみにイタリアンレストラン。)

石田純一も通っているという”ナプレ”は、(またミーハ心)
お手頃価格で、セレブな気分を味わえます。
本当は、前日の夜行こうかと思ってたんだけど、
予約でいっぱいで、やむなくランチにしました。
でも、かえってランチのほうがよかったかも。
1階が、外からも見えるガラス張りのキッチンで、
2階へ行くと、テラスの大きな窓を全開にしてあって、
そよかぜが気持ちよくって、外国のレストランにいるみたいな気分でした。

サラダとピザを食べたんだけど、
ピザは、”ピッツェリア・トラットリア”だけあって、めちゃくちゃおいしかったです。
かなり大きいから、1枚で満腹になります。
↓コレ(もちろん卵のせ)

サラダは、にんじんとレーズンのサラダってメニューに書いてあるのを頼んだら、
本当に、にんじんとレーズンだけのサラダで、ちょっとツボにはまりました。
↓コレ

むしゃむしゃ食べてたら馬になりそうな勢いでした。
シンプルなサラダだったんだけど、
レーズンの甘みとにんじんの甘みにハーモニーがなかなかの一品でした。

なんだか、最近、すっかり食いしん坊な人のブログみたい。。。


東京アート散策/その6。 [eat out]

うさぎやのどらやきを平らげる前に食べたのが、“玉笑”の熱盛りせいろです。
↓箸入れがかわいかったから、持ち帰っちゃいました。

CASAの東京特集をみていた時に載っているのを発見して、
そば好きな私たちは、行かねば!ということで行ってきました。
コンテンポラリーソバとでもいうべきか、
店構えもすごくシンプルで、お洒落で、おーって感じです。
↓コレ

店内は、赤で,机が黒くて、店内自体がそばの器の漆器そのもののようなイメージです。
私たちの一番の目当ては、CASAに載ってた“熱盛りせいろ”。
すごく斬新で、なんと卵をつけて食べるそばなのです。
生卵が入っている御椀も、おつゆが入っている鉄腕も、
どれもお洒落で、見ているだけですごくわくわくします。
↓こんな感じ。

生卵を、そばちょこの中にといて、そこに熱いつゆを入れるを、
卵もちょうどいい具合になって、そばをつけて食べると、
うまく卵が絡んで、めちゃくちゃおいしかったです。
↓こうやって食べます。


1ポンド★ビーナス。 [eat out]

物心ついたころから肉が嫌いで、
なのにハンバーグは大好きな私です。
ヤンバルくんが、かなりの肉食で、
焼肉は私が無理なので、
ハンバーグはかなりの頻度で食べに行きます。
ブロンコビリーの尾張たまごの大きなハンバーグセットは、
(たまごも大好きな私)
http://bronco.co.jp/index2.html
何回食べても好きっ。

それを、上回るのが、1ポンド★ビーナスです。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0001600699/P006794/
ヤンバルくんに初めて連れてってもらったときに、
古きよきアメリカ風の店の外観に圧倒されたのを覚えてます。
↓こんな感じ。


毎朝、挽かれたひき肉は、(想像すると気持ち悪い。。。)
すごくおいしいです。
私のお気に入りは、その名も”究極のハンバーグ”
↓コレ

ソースがほのかにピリッと辛くて、
しかも、私の好きな、たまごがのってる!
ヤンバルくんは、デミグラス煮込みハンバーグ、
たまごトッピングを食べていたけど、
これまたおいしかったです。


甚。 [eat out]

多治見で、もう一つよく行くのが、”甚”です。
↓こんな感じ


http://www.soba-jin.com/

厳選した素材を使ってうたれたそばは、
ちょっと太めで、コシがあって絶品です。
いつかコースを食べてみたい!と思っていたので、
ゴールデンウィークということで、行ってきました。

はじめて食べるものがいろいろ出てきて、すごく楽しかったです。
中でもそばがきは、全然どんなものか想像もできなかったけど、
土鍋ででてきて、フワフワのおもちのような食感で、
すごくおいしかったです。

おなかいっぱいで、好物のえびさえも残してしまったけど、
たまには、贅沢してコースも楽しいなぁ。と思いました。

ちなみにこんな感じです。


旬のえび。


前菜。


そばのお菓子。食事の合間にいただきました。
すごくおいしくって、おかわりしちゃいました。


そば寿司。


初めてのそばがき!めちゃくちゃおいしかったです。


てんぷら。ここまでくるとおなかいっぱいで、えび食べきれず。。。


なんかい食べてもおいしい!ちょっと太めのそばです。


これまたそばを使ったデザートです。おなかいっぱ~い。
ごちそうさまでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。